ハルベ もう少し

ハルベが終わっちゃってしばらくしたら、前に見たシーンがいくつか思い出されたので書いておくことにします。
まず、ナPDは5人にお金で困らせようと躍起になっていたけど、ソジンには奥の手があって、それは渡された予算を自分の財布に自分のお金と一緒に入れておくということ。つまり足りなくなったら自腹を切って払えばいいので、お金の苦労はしなくていいということです。それだけじゃなくて、折にふれ、計算の苦手なスタッフをだまし、お金を巻き上げるという手法。これもしばしば使って裕福に旅をすることができたのでした。さすがニューヨーク大で経済を学んだ男。^_^;
スペイン編の初日から一緒に行っていれば、スンジェさんお金の心配で体調崩さなくてすんだのにね。(>_<)

バルセロナに行ったとき、オリンピックが開催されたスタジアムに行った5人がまず口をそろえて言ったのはマラソンで優勝したファン・ヨンジョ選手のこと。ものすごくものすごく讃えていてびっくりでした。
20年以上も前のことだし、私はバルセロナオリンピックって聞いても日本の選手では有森さんが銀メダルを取ったのをなんとなく覚えてるくらいだったけど、彼らにとっては日本人の森下選手をかわして優勝したファン・ヨンジョ選手は英雄らしい。私は正直男子マラソンで韓国の選手が優勝したことも、日本人の選手が優勝を競って銀メダルを取ったことも全然覚えていませんでした。(^^ゞ
やっぱり韓国の人って愛国心がものすごいんだな〜〜〜って思ったのと、日本人に対するライバル心っていうのもやっぱり強いんだな〜っていうことを改めて感じさせられました。
ヨンジョ選手はその後足の故障で引退したようで、ソジンは「今だったら自分のほうが速く走れる」などと豪語してましたけど。(^m^)

それとじいさんたちが会場を見渡して、アーチェリーの選手が弓矢で聖火を打ち込み、聖火台に点火したのを、この距離じゃ絶対無理だ、あれはワイヤーが付いていたに違いない。と言いだし、(中には一生懸命練習したんだよというじいさんもいたけど)結局、あれは全然命中してなかったことが判明。(>_<)
裏から撮った映像を見ると、弓は大幅に的を外れて通り過ぎ、弓が通るタイミングで聖火台に勝手に火が灯されていたのでした。いやん、知りたくなかった。

もう一個知りたくなかったのは、イルソプのモテモテ自慢話。(>_<)
若い頃はすごくモテて、ものすごく多くの女と遊んだって・・・
あんたのそういう情報いりませんから。(T.T)

スペイン編の後半ではグンヒョンさんが仕事で一足先に帰ったのだけど(スンジェさんとグさんとソジンが早起きしてお見送り〜)その後歩きたくないイルソプを置いてスンジェさんとグさんがふたりで手に手を取るように仲良くあちこちでかけたのがほのぼのしてよかったです。ふたりが口をそろえて言っていたのは、若い頃はこんな旅行はできなかったって。だから今こうして旅行できることにすごく感謝して、この時間を大切にしてるっていうかんじでした。
たしかに、若い頃はお金もなく時間もなく、こういう旅はなかなかできませんよね。でもいざお金と時間に少し余裕ができた頃には体力がなくなってしまう。だけどおじいさんたちの旅を見て、奮起してでかけるお年寄りも増えるかもしれません。そういう意味でもこの番組はとってもよかったと思いました。

それから、スンジェさんとソジンといえば、イ・サンで祖父と孫を演じたのが印象的ですが、あのときのヒロインがハン・ジミンでしたよね。最初のヨーロッパ旅行でまだおじいさんたちと距離のあったソジンはなんとか場の雰囲気を和ませようと仕事で近くまで来ているジミンに電話で連絡。スンジェさんが会いたがってると嘘をついて合流する約束を取り付けました。でもちょっと遅れたとはいえ、約束の駅に降り立ったときジミンはいませんでした。へたに合流してソジンと噂にでもなったら困ると思ったのでしょうか。ちょっと残念でした。

そして今知ったのだけど、今年もまたハルベたち旅行に行ったんですね〜〜今度はギリシャ編9泊10日の旅。スンジェさん元気そうでよかった♪今回はジウちゃんが途中から合流して最後まで一緒だったみたいで、どんな旅になったのか。放送が楽しみです〜〜♪♪♪
[PR]
# by harripon | 2015-03-04 11:50

ハルベ終了

前回のフランス&スイス編が終わったあと、台湾編があって、少し間を置いてスペイン編を見ました。
三男グンヒョンのとげとげしいかんじは心配事があったせいとわかりました。奥さんが大病を患って、ちょうど5年目の検診の結果が旅行の途中でわかるという時期だったせいで、気が気じゃなかったみたいです。電話で大丈夫だったと知らせを聞いたグンヒョンはそれ以来穏やかな人になった気がしました。
文句ばっかり言っていたソジンだから、よく次の台湾編を引き受けたな〜と思ったのだけど、ヨーロッパ編の打ち上げみたいな席で話を持ちかけられて、今度もやむにやまれぬかんじで行くことになったのでした。でもナPDの策略で1日遅れて行くことになり、長男のスンジェさんも仕事の都合で遅れて合流することになり、最初は3人での出発となりました。普通一番年下がいろいろとやるものだけど(韓国なら特に)、このじいさんたちに限ってはなぜかいつも一番上がなんでも引き受けることに。なので次男のグさんが急遽宿探しの任を負わされて、すごく緊張して必死になってるのがなんだかお気の毒でした。
一方のソジンは翌日空港であこがれのサニーと一緒に行くことを知るともうウキウキわくわく。
荷物持ちの仕事をすっかり忘れてしまったソジンなのでした〜〜
サニーが帰り、長男、三男、四男が仕事で帰ったあと、ソジンと次男がふたりで旅の続きをしたのがとってもよかったです。ふだんわりと無口なグさんが自分が結婚したときのいきさつなんかをソジンに話すのがなんとも微笑ましかったです。

そして今回のスペイン編。今度もナPDの策略でソジンを1日遅く出発させることに。
その魂胆は前回よりももっと節約旅行にするというもの。一番文句を言わない長男をターゲットに絞り、空港でひとり呼び出して、細かい額のお札で作った札束を渡して、異議を唱えないという趣旨の文書にサインをさせます。信頼しきってるスンジェさんは内容を読まずにあっさりサイン。その後、予定額よりもかなり減らされていたことを知った次男三男四男はそろってスンジェさんを非難。このまま帰ろうというのをスンジェさんがなだめてなんとか飛行機に乗ったものの、旅費が少なくなってしまった責任と宿を探して行かなくてはいけない責任でスンジェさん心身ともにもうボロボロ。ストレスで免疫力が低下してしまったのか風邪ひいてしまって、旅行の間中元気のないスンジェさんなのでした。
もうナPDやりすぎだよ〜相手は80のじいさんなんだから。これが元で倒れたらどうすんのよ。

それでも時間があれば行くところの予習をしたり、帰ってからの仕事の台詞を覚えたり、勉強一筋の長男でした。次男は今回の旅行で一番楽しみにしていたのがヨーロッパ最西端のポルトガルのリスボンでした。ところが四男が例によって行きたくないと言い出し、三男はどっちでもいいと言い、結論を任された長男はそれじゃあやめることにしよう、こういうことは全員一致でないと・・ひとりでも反対の人がいたらやめるべきだと大人な結論を出したのでした。でも最終日、スタッフからもしよかったらひとりで(スタッフ4〜5人と)リスボンに行きませんか?と言われて一も二もなく行きたいと。着いた日は飛行機が揺れて無事に着陸したら乗客から拍手がわき上がるほどの荒天でしたが、翌日は晴れて最西端できれいな大西洋を見ることができました。よかった〜
三男は愛妻家ぶりを発揮して奥さんに見せるためにせっせと写真撮影に熱中していました。
四男は相変わらずで、あるとき移動で寝台列車を使ったのだけど、思っていたより狭かったのが気に入らず、ひとりむくれて食堂車へ。放っておこうか迷った末に付いて行ったソジン。結局周りの客が次々と入れ替わり2人切りになって、食堂車の酒がなくなるまで飲み尽くして飲み会終了。やっと四男のゴキゲンも直ったのでした。やれやれ。おかげでそれまでちょっと距離のあったかんじのソジンと四男が親しくなれた感じだったけど、ソジンに四男のアホが移ってしまって、文化財や芸術になんの興味も示さないソジンなのでした。もしかして酒飲んでる間に魂が入れ替わったのかと思うほど。
リスボンに行かなくなったこともあって自由時間が多かった旅行でしたが、ほぼ四男は宿の周りをぶらぶらしながら食べ歩き。あとの4人は美術館や大聖堂やいろんなところを回って歩きました。

行ったことのないところばかりなのでとても興味深く見せてもらいました。
4人のじいさんとソジンの素顔も見られてほんとおもしろかったです。
ソジンはよくがんばってたけど、不細工な寝顔やゲップや鳥の巣頭や・・・ファンの人は見ない方がいいんじゃないかと思わせるかんじの場面が多々あり。ソジンとナPD(なんかあのふたり顔も似てる!)の子供じみたせめぎ合いも笑えます。それにしてもソジンが車のライトを消し忘れたのを知りながらわざと教えないで翌朝エンジンがかからないで大変な目にあわせたのはナPDちょっとひどすぎる気がします。
あと印象に残ったのは次男が前回の旅行を見た奥さんから、全然電話してこなかったことをとがめられ、誰かさん(もちろん三男のことかと)を見習ってほしいものだと言われたらしく、仁川国際空港から電話したのだけど(電話するの早すぎ)奥さんにぐだぐだ文句を言われて、せっかく電話したのにかわいそうなグさんなのでした。

3つの旅行を通してみんなを一言で言うとすれば。
長男スンジェさんは、勤勉家
次男グさんは、ロマンチスト
三男グンヒョンさんは愛妻家
四男イルソプさんは・・・割愛します。

最後に、今年1月、花よりお姉さんのキム・ジャオクさんが昨年11月に亡くなられたことを知りました。とても悲しくてショックです。旅行中、大病を患ってからとても臆病になったと言いながらも焼き栗と焼きトウモロコシが大好きで、赤い靴が気に入って長い時間かけて迷いながら買っていた可愛らしい少女のような姿が忘れられません。心からご冥福をお祈りします。
[PR]
# by harripon | 2015-03-02 15:59

グッドモーニング・プレジデント

週末、映画グッドモーニング・プレジデントを見ました。
最初こそコメディ?と思わせる笑えるストーリーでしたけど、徐々に様子が一変。
今現在の安倍政権と朴槿恵大統領を揶揄するストーリーに思えました。

しかし調べてみたら2010年の映画だとか。
ってことは安倍さんはすぐにお腹痛くなっちゃう病気で総理の座を放棄して福田さん、麻生さんと続いた自民党政権が終わり、民主党が政権を取っていた時期ではありませんか。しかもこちらも途中で総理の座を放棄した鳩山さんでしたが、韓国に対しては結構友好的な態度だったような・・・
そんな時期に作られていたのがちょっと意外な内容。

まるで第2次安倍政権と韓国初の女性大統領朴槿恵氏の誕生を予期していたかのようなこの映画。
架空のお話として見ればまぁおもしろいのですが、こと日本に関して言えば、失礼きわまりない内容です。だいたい竹島は日本の領土ですから〜〜
日本海を東海(トンへ)と呼ぶのも竹島を独島(ドクト)と呼ぶのも自由だけど、領土問題を教科書だけじゃなくて映画でまであんなふうに表現して国民感情を煽るのはほんとにイヤ。
だから前から国際司法裁判所で白黒つけましょうって言ってるのに、拒否するのは負けるのがわかってるからでしょう?

お願いだからこれ以上韓国のこと嫌いにさせないで。
こんなに毎日ドラマ見てるのに。(T-T)
[PR]
# by harripon | 2015-03-02 14:13